奥能登揚げ浜塩


石川県・金沢市でもソメイヨシノの開花宣言がありましたが、だんだん春らしい日が増えてきました。

先月14日に北陸新幹線開通、それに合わせて金沢で八百萬本舗もオープン

そして、今週月曜からは能登を舞台にしたNHK朝ドラ「まれ」の放送が始まりました。

字幕での説明なしで能登弁がどこまで伝わっているのか、ちょっと心配になりつつ欠かさず見ています。

そのドラマ内で、田中泯さん演じる桶作元治が作っている揚浜式塩田の塩。

描かれているのは輪島の塩田のようですが、揚浜式塩田は、日本で唯一

能登半島・珠洲市で残り、500年以上前から続けられてきた製法です。

揚げ浜塩

皆さんに味わっていただきたいところなんですが、昨年生産分の在庫がなくなってしまったため

お届けできない状況です。申し訳ございません。

ドラマ内で、まれのお父さんが大量生産とか言ってましたが、そんなことはできないんです!

全て手作業、そして天候に左右される製法のため、生産される量も限られています。

温かくなってきて、ようやく塩作りができるようになります。

7~8月頃の入荷を予定しておりますので、もう少しお待ちください。

奥能登揚げ浜塩の商品ページはこちら>>

まだ始まったばかりなので、これから「まれ」で、どんな能登が描かれるのかとっても楽しみです。

「まれ」から気になる能登弁など見つけてくださいね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA