能登とり貝試食会


こんにちは。能登スタイルスタッフのフジイです。

先日、能登とり貝の試食会にお邪魔してきました!

とり貝は、大ぶりの貝で、1個数千円にもなる春の高級食材。

身が鳥のくちばしのような長細い形をしているので、とり貝と呼ばれます。

能登で養殖されたものを能登とり貝という名称で、来年春に本格出荷するためのお披露目会&試食会でした。

1

漁協や、県、漁業者さんたちが大勢集まっていました。

4

今回の試食を調理してくださったのは、和倉のお寿司屋さんです。

2

貝がらに入っているものが生のもの、それ以外は冷凍保存して解凍したものです。

3

七尾の鳥居醤油さんのお醤油でいただき(ぜいたく!)、

とってもぷりぷりで甘くて美味しかったです!

冷凍ものでも甘みが全く劣っておらず、本当は春?初夏までの食材なのですが、

1年を通して食べられます。

お刺身以外にも、こんなにいろいろな料理に!

来年、本格出荷されたらどこかの料理やさんなどでお目にかかれるかもしれません。

5

フジイ@能登スタイル

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


“能登とり貝試食会” への 2 件のフィードバック

  1. 能登の大きな鳥貝をぜひ食べたいのですが、お取り寄せできませんでしょうか?知り合いのお魚やさんが、さばいてくれるので殻のままで大丈夫です。

  2. >>山中さま
    コメントありがとうございます。
    能登とり貝ですが、今年は試験販売で数が少なくあまり多くは出荷できないようです。主に飲食店さんへの卸し販売が中心で、残念ながら能登スタイルストアでの販売もしておりません。詳しくは石川県漁協さんにお問い合わせいただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA