【仁行和紙】紙漉き体験に行ってきました

はじめまして! 

4月から能登スタイルでインターンをさせていただいている山岸キララです。
新潟県出身で、現在は金沢大学に通っています。
私自身、七尾に来るのは1年生の夏休みの免許合宿以来ですが、その2週間がとても楽しかったので、また七尾に来られたことはとても嬉しいです。

精一杯頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!!

先日、能登仁行和紙まで紙漉き体験に行ってきました。

この日は私に加えて福井のインターン生やコーディネーターのえんさんも一緒に紙漉き体験へ。

着いて早速、仁行和紙の遠見さんから紙漉きのやり方の説明を受けました。

まずは、楮(こうぞ:和紙の原料)と糊が入っている水を木枠ですくって紙にするのですが、これが見た目以上に大変な作業!
水をすくったときの木枠が予想以上に重たくなったり、水の流れで漉いた和紙がたわんでダメになってしまったりと、均等な厚みできれいになるように和紙を漉くのはとても難しかったです。

紙を漉いた後はその上に花や葉を並べて上から薄めた楮と糊を重ねます。
周囲に咲いていた野草を摘んできて使いました。大胆に置く人、丁寧に花を並べる人など、一人ひとりの個性が出て面白かったです。

並べ終えた後は、木綿の布の上に置き、プレスして水気を抜いた後乾かします。
およそ1週間ほどで完成です‼

一部ですが、その作品がこちらです↓

紙漉きは初体験でしたが、とても楽しかったのでぜひまた行きたいなと思います(^^) 興味のある方はぜひ能登仁行和紙さんで紙漉き体験をしてみてください!

また、能登スタイルでは7月22日に金沢の八百萬本舗にて能登仁行和紙のワークショップを企画しています。

近づく夏本番。暑い夏を快適に過ごすために、自分だけのうちわを作ってみるのはいかがでしょうか?

(写真はイメージです。実際は仁行和紙を用いて作ります)

能登仁行和紙の中から、紅花を漉き込んだものや、藍や草木で染付したものなどをご用意します。その中から気に入った和紙と竹の骨組みを組み合わせてうちわを作るワークショップです。
作った後には冷茶と能登の和菓子でほっと一息。
涼しいひとときを一緒に過ごしませんか。

能登仁行和紙の風合いや色味はとても素敵で、 私も紙漉き体験に行って一気に仁行和紙の大ファンになりました。
下の写真は仁行和紙のしおりや葉書です。紙漉き体験の際に購入して愛用しています。

このような仁行和紙の製品もワークショップ内で販売する予定ですので
ぜひみなさんお越しください‼

【仁行和紙で手作りうちわワークショップ】
日 時:7月22日(土) 14:30~ / 16:00~ の2回
場 所:八百萬本舗  2Fお座敷 (金沢市尾張町2-14-20)
参加費:1,600円(季節の和菓子・冷茶付き)
お土産:うちわ
持ち物:はさみ

申込み方法など、詳細はこちらからご覧下さい。
>>和紙で手作りうちわワークショップ

たくさんの方々のご参加をお待ちしています!

インターン生の山岸でした!

能登のブルーベリー

北陸もようやく梅雨入り。
梅雨入り後は晴れの日が続いてましたが、今日は雨のお天気。
しばらく雨が続きそうです。

さて、今回は今が旬のブルーベリーのご紹介です。
能登町(旧柳田村)では、1980年代からブルーベリーの栽培を開始し、ブルーベリージャムなどの加工品の製造や、ブルーベリーの販売をおこなっています。

また、ブルーベリー収穫体験も期間限定で行われています。

のとベリードットコムさん(能登町)
ブルーベリー摘み取り体験の詳細はこちら >>

武藤農園みづきブルーベリー(能登町)
みづきブルーベリー摘み取りの詳細はこちら>>

※能登島でも体験できます。
のとじまファーム(七尾市能登島)
能登島でのブルーベリー摘み取り体験の詳細はこちら>>

 

能登スタイストアでも、能登町産ブルーベリー使用の商品を販売しています。

能登産ブルーベリーや能登産いちごなどのジャム詰め合わせ
能登産ブルーベリー、いちご、揚げ浜塩など能登素材のジェラート
手摘みの冷凍ブルーベリーは、ヨーグルトにいれたり、お菓子の材料として。

そして、今シーズンから冷凍ではなく生のブルーベリーを期間限定、数量限定でお届けできるようになりました。

完熟したブルーベリーを一つづつ手摘みし、食べきりサイズや小箱にいれました。

直径15mm以上の大粒のみ厳選した「完熟プレミアムブルーベリー」

クラフト小箱に400gづつ入ったブルーベリーギフトボックス

明日7月1日から、ご注文いただいている方へ順次発送いたします。
数量限定、期間限定ですので気になる方はお早めにどうぞ。

※天候などにより収穫できない日は発送ができないため、ご希望日にお届けできない場合がございます。あらかじめご了承ください。

生で食べきれない場合は冷凍保存で。
ヨーグルトやバニラアイスと一緒にどうぞ!
ちょっともったいないですが、ジャムにしてもいいですね。
旬を味わいながらも、保存によってまた違った味が楽しめますね。

梅仕事の時期も終わり、ツバメが巣立ち、ヒナたちの声が聞こえなくなって、ちょっと寂しいタナカでした。

 

梅仕事と野草のWS、終了しました

今日は夏至ですね。
少しずつ昼の時間が短くなり、宇宙のエネルギーの転換期ですね。

先週の土曜日、金沢の八百萬本舗にて「梅仕事と野草を楽しむワークショップ」を実施しました。
八百萬本舗には、「能登スタイルストア」のアンテナショップがあるのです。
メインのウェブストアでは能登の産品のみ販売していますが、
八百萬には金沢への観光客の皆さんも多くいらっしゃるので、金沢の産品も置いています。

こちらは前々日に行った、親戚宅の梅の木です。今年は小粒でした。

この木の向こう側は元田んぼの湿地帯で、ぬかるみにはまりながらの
作業でした。
小さな小さな小川も流れてるのですが、毎年オタマジャクシやメダカ、
アメンボ、タニシで賑わっています。
大好きな場所です。
この場所に中学生の頃に出会ったので、移住も決断できた気がします。

さて、梅もぎ中に暖かくなってきたら、やぶ蚊に沢山顔や手を刺されました。
幸いにも周りにドクダミが沢山生えていたので、葉を揉んで、患部にすり込みました。いつの間にか腫れも痒みもひいてますよ。
ヤブカラシやヨモギも同じ効果があります。他にも色々あると思いますので、
皆さんの身近な野草で試してみて下さい!
(かぶれる可能性もあるので、パッチテストするか調べてからの方がいいですね)
虫刺され薬がいらなくなるかもしれません?

梅、ドクダミ、野ミツバ。
野ミツバは、売っているミツバより野性味あふれる味です。
ミツバをわざわざ買うことがないので、この時季にお吸い物にすると、
季節の恵みを感じますね。

こちらは洗ったドクダミを乾燥させているところ。
会社に行くので室内に吊るしてますが、本当は外の風が当たる日陰で干した方が良いです。(後半は会社に持っていって、乾かしました!)
カビないように、3日ぐらいでカラッと乾かすのが理想です。
八百萬本舗のお座敷で和気あいあいと開始。
特に身近にありそうないくつかの野草を持っていき、薬効などを
少しだけ勉強しました。

乾燥させた野草ブレンドを焙煎中です。本当は土鍋などでできると尚良いです。
まとめて焙煎して保存する、ではなく、飲む直前に焙煎するのが美味しくいただくコツ。
中火でゆっくり火を通して下さい。

野草茶の味は慣れないと飲みにくい人も多いかと思いますが、
始めて飲んだ方でも「おいしい!」というお声もちらほら上がっていました。
飲む以外にも、お風呂に入れるとか、化粧水にするとか、色々な
使い方ができます。

これはドクダミの花。これを瓶に詰めて、ホワイトリカーなどを入れてエキスを抽出・熟成させます。
3ヶ月もすれば、美白化粧水の完成。
もちろん薄めて使いますよ。パッチテストもして下さいね。

その後は野草茶を飲みながら、梅酒か梅シロップを作っていただきました。
梅酒や梅シロップには疲労回復や美肌、解毒、整腸作用などがあると言われています。

初めて作る方が多く「いいきっかけになった」「一人参加でも楽しかった」と喜んでいただけました。
次の日に、野草茶をいただいたり、梅味噌や梅酒を作った、と報告をしてくださった方もいらして案内人冥利につきました。(笑)

私も初めての案内人役でしたが、皆さんと楽しく過ごすことができました。
ありがとうございました!

また、7月も同じ場所で、ワークショップを予定しています。
仁行和紙に関するワークショップですが、また詳細は担当のインターン生から
案内させますね。

やっぱり梅の季節が終わる前に、もうちょっと梅仕事をしようかなぁと思ったハシモトでした。

田植えの時期

ゴールデンウィークが過ぎ、能登では田植えがどんどん進められています。
近くの田んぼにも水が張られて、気づくともうすっかり田植えが終わっていました。

水の張られた田んぼ(七尾市)

これから暑くなるにつれ、ぐんぐんと育っていって秋には黄金色の風景となるでしょうね。

9月頃の田んぼ(能登町)

能登スタイルでは自家製堆肥使用や自然栽培など珠洲市から宝達志水町まで能登各地で生産されている、さまざまな農家のお米を取り扱っています。

お気に入りのお米をリピート購入をしてくださる方も多いということで、一部ですが、お米の定期お届けを開始しました。
毎回ご注文するよりもちょっぴりオトク、休止やキャンセルも可能ですのでお気軽にご利用下さいね。

 

もう一つ、この時期の話題。
だいたい5月頃になるとわが家の納屋が賑やかになります。なぜかというと、ツバメがやってきて子育てをしていくんです。
今年は新しい巣が作られました。

以前、ご紹介したことがあるかもしれませんが、石川県では「ツバメ調査」というものがあります。私も小学生の頃、町内のお宅に調査しに行った記憶があります。

子どもたちの調査に立ち会うことはできませんでしたが、新しいツバメの巣を調査していってくれたのかなぁ?

2つのツバメの巣。右側が新しく作られた巣

残念ながら、写真を撮ったときはお留守でした。ちゃんと育っているのかな~。

納屋にいくたび、びゅっと飛び出していくツバメに申し訳ないなーと思うタナカでした。

 

能登産サザエの販売開始&お気に入り機能追加のご案内

たくさんの方で賑わった青柏祭が終わり、なんだかソワソワしていた雰囲気だったまちやひとも落ち着きました。

徐々に気温も上がりはじめ、新入荷の商品も出始めました。
今回ご紹介するのは、能登産のサザエです。

つぼ焼きはもちろん、活きたまま出荷しますのでお刺身でもお召し上がり頂けます。
サザエご飯もおすすめですよ!

能登産牡蠣、サザエ、アワビなど紹介ページ >>

岩ガキなどもこれから夏に向けて入荷しますのでお楽しみに!

そして、もう一つお知らせです。
能登スタイルストアにお気に入り機能が追加されました。

PCの場合

 

スマホの場合

商品画像の右上のお気に入りをクリックすると、各ページにお気に入りとして保存しておくことができます。
保存されている商品のお気に入りをもう一度クリックすると解除されます。
いつも購入している商品や、入荷前の商品などを保存しておくと次回アクセス時に便利です。
会員登録なしで、PCやスマホごとに保存されますのでお気軽にご利用ください。

また、Amazonに登録しているお届け先やお支払い情報が利用できる、「Amazon Pay」を導入しましたので、合わせてご利用くださいね。

アワビも入った貝詰め合わせの入荷が待ち遠しい、タナカでした。

 

いよいよ青柏祭!

昨日はひどい荒れ模様のお天気でしたが、今日は晴天となっています。

七尾でゴールデンウィークといえば、青柏祭ですね。
いよいよということで、準備も着々と進んでいました。

食祭市場近く、印鑰神社前の府中町のでか山(曳山)です。

今日2日のお昼頃の様子です。

まちのなかも、出店の準備が始まり、お祭りムードが高まってきました!

運行時間やパンフレットデータなどは、青柏祭でか山保存会のwebサイトからどうぞ!

今年から三町のでか山がどこにいるかわかるサービスも始まるそうです。
七尾市ウェブサイトでは4日、5日の臨時駐車場空き情報も掲載されます。

御祓川沿いのでか山(過去の写真)

一本杉通りでは、花嫁のれん展も行われていますので、でか山&花嫁のれんをみてまわるのもオススメですよ。

花嫁のれん展ウェブサイト

でか山を見てソワソワしてしまった、タナカでした。

能登さくら駅に行ってきました

おとといから風の強い大荒れの天気が続いています。
あまりの風の強さで夜中に目が覚めてしまい、ちょっと寝不足です。

さて、先週末に能登鹿島駅(能登さくら駅)で行われたさくらまつりに行ってきました!

たくさんの桜が満開で咲いていて、とっても綺麗でした。
お天気にも恵まれた一日で、たくさんのかたがこられていました。

ホームから

ステージでは、ライブや歌謡ショー、子どもたちの太鼓なども行われていました。

和太鼓「虎ノ介」のステージ

ほかにも、飲食ブースがたくさんありいろいろ物色し…

肉巻きおにぎり

肉巻きおにぎり、焼き団子などおいしくいただきました!

こどもと一緒に出掛けてきましたが、桜も見ることができて普段ではなかなか滞在することはない、鉄道の駅ということで楽しかったようです。
のぼりとくだりのホームは、写真のような渡り通路で行き来します。
線路のまんなかでポーズをとってます(笑)

くだり側ホーム後ろの小さな池

能登さくら駅のブログでは、散りはじめと書かれているので、いまごろはたくさんの花びらが地面を覆っているんでしょうね。

ゆっくりと能登さくら駅を満喫した、タナカでした。

 

もうすぐ桜開花!

4月3日、新年度が始まりましたね。
新しい生活が始まった方も多いのではないでしょうか。

先週末は町内会のえほり作業がありました。
田んぼに水を引き込むための側溝をキレイににしたり、草刈りなどをする作業です。
我が家には田んぼがないのですが、町民の共同作業として毎年行われているもので参加してきました。

そのときに見かけたのが…

道ばたのつくし

今シーズンは雪の少ない暖冬で、なんだか春の到来を意識しないまま4月になってしまいましたが、もう間もなく桜の開花です!

昨年の桜

能登のお花見イベントが今週末にいくつか行われるのですが、ちょうど見ごろになりそうとのこと。お出かけにはちょうど良さそうですね!

【能登のお花見イベント】

小丸山さくらまつり(七尾市)

開催日:2017年4月9日(日)
開催場所:小丸山第一公園(石川県七尾市馬出町子部1-1)

国立能登青少年交流の家桜まつり(羽咋市)

開催日時:2017年4月上旬~4月中旬
【特別イベント】
開催日時:4月8日(土)、9日(日)
開催場所:国立能登青少年交流の家(石川県羽咋市柴垣町)

波並で花見2017

開催日時:2017年4月9日(日)10:00~15:00
開催場所:三波公民館(石川県鳳珠郡能登町字波並3-113)

 

 

 

 

そのほか、能登の桜情報はこちら >>

お花見イベント、覗いてみてはいかがでしょうか?
えほりでやっぱり筋肉痛になった、タナカでした。

中島で牡蠣と中島菜を楽しんできました

能登では暖かい日となった、春分の3月20日。
「能登中島を楽しむ 冬牡蠣と中島菜」の体験プログラムを開催しました。

まずは、能登島にかかるツインブリッジのとへ。
今回の生産者&話し手、中島アグリサービスの松田武さんより、少し遠くに見える牡蠣棚や七尾湾について、色々教えていただきました。


手前の町が中島町。七尾湾の向こうの方に、牡蠣棚が見えます。
この日は会えませんでしたが、能登島に住み着いているイルカたちが時々見えるそうです。

このブイの下に養殖牡蠣がずらりとぶらさがっています。

こちらの手前の棒も養殖牡蠣。
右手奥には和倉温泉が見えます。ここにかかっているのは、能登島大橋です。

この後、松田さんの畑に移りました。冬野菜の旬は過ぎています。
こちらにずらっと見えるのが、中島町が発祥とされる、中島菜。
皆んなで採れたて新鮮な中島菜や大根の味見をしました。
やっぱり新鮮な分おいしいです。大根もジューシーでした。

中島菜は血圧を抑える効果があるなどの研究結果が出ています。
からし菜のようにちょっとピリッとしています。おひたしの他、ベーコンと一緒にペペロンチーノに入れても美味しいです。
油と相性がいいので、炒めものにも。
私が好きな食べ方は、湯がいて水を切った中島菜と食べやすく割いたカニカマ(七尾市民になってからはもっぱらスギヨさんのカリブです)を、醤油とマヨネーズ、胡椒で和えたもの。

畑で松田さんから中島菜や農業について聞いた後は、松田さんが冬限定で営業している
牡蠣小屋「可(とき)」に移動です。
休日なのもあって、満席大繁盛でした。

コンロの牡蠣は蒸し牡蠣に。
貝の口が開いたら食べごろです。(時々開いてくれない貝もありますが)
能登に来た頃は、牡蠣貝を開けるのにもとまどったりしていましたが、
今ではスムーズに開けられます。

ちなみに、こちらのコンロは能登ならではの、珪藻土コンロです。
珠洲市で採れる珪藻土を使っていますが、断熱効果が抜群なので炭が通常よりも
少なくてすみます。また、外側の側面を触ってしまうことがあっても、火傷などしません。


牡蠣フライは2個ほど食べてしまった後ですが・・
おひたしはもちろん中島菜。
細みのおうどんも、中島アグリサービスさんで加工している、中島菜うどんです。
おしんこの大根は能登むすめという能登野菜。酢をかけると写真のように鮮やかなピンク色になります。
これに、蒸し牡蠣用の牡蠣がひとり10個ほどと、丸ごとネギが付いてきます。
どれもこれもおいしいのですが、食べ盛りでないと食べきれない量です。
今シーズン最後の真牡蠣をたらふくいただきました!
松田さんの牡蠣小屋は3月いっぱいで終了です。春からは、田植えや畑で忙しくなるとのこと。

今回は、牡蠣棚も中島菜も見るのは初めてという県外出身者の参加者の方が多かったのもあり、
楽しんでいただけたようです。
お腹いっぱいといいながらも、全部の牡蠣を皆んなで平らげました。
参加者の皆さん、松田さん、ありがとうございました。

また、体験プログラムをする時はこちらのブログでもご案内いたします。
ご興味がある方は、ぜひご参加下さいね。

能登に来てから、年に一度は牡蠣小屋に行くようになった、ハシモトでした。

牡蠣小屋「可(とき)」 (3月末まで)

殻付き牡蠣 一斗缶【能登スタイルストア】 (4月下旬までを予定。半斗缶もあります)
牡蠣小屋「可」の牡蠣は、こちら網谷水産さんのもの。松田さんのご親戚です!

中島菜手延べうどん【能登スタイルストア】 中島アグリサービスさん

中島菜ババロア【能登スタイルストア】 中島町のサンドイッチ屋、ぱんの木さん

珪藻土コンロと七輪【能登スタイルストア】 珠洲の鍵主工業さん

ブログ引越し&体験プログラムのご案内

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが
「能登スタイルな日々」のブログを引っ越ししました。

今までのブログにアクセスしても、新しいブログへと自動的にジャンプするようにしてありますが、3月いっぱいで旧ブログへのアクセスはできなくなります。

お気に入り登録などされている方は、お手数をおかけいたしますが
再登録をお願いいたします。
http://blog.notostyle.biz/

 

そして、能登スタイルストアでお米や中島菜手延べうどんなど取扱いしている
「中島アグリサービス」の松田さんに会いにいく体験プログラムのご案内!

松田さんは、お米や中島菜などの農家さんでもあり
冬には牡蠣小屋もおこなっています。

今回は、松田さんから中島の牡蠣や中島菜についてお話を伺い、その後牡蠣小屋で牡蠣づくしのランチをいただくプログラムです!
詳しくはこちら ⬇

申込は3月17日(金)AM10時まで!
TEL:0767-54-8866(御祓川大学)または、御祓川大学Webサイトからどうぞ。

牡蠣小屋は3月いっぱいまで。この機会に牡蠣づくしを楽しみましょう!