西海祭りでヨバレ


能登に生まれ育った私は、

夏の間は、くいっぱぐれることはない!と思っていました。

なぜなら
お祭りがあるから!

小さい集落のお祭りでは、公衆トイレなどがないこともあり、
近くのお宅に
「トイレかしてくださいーい」
とお伺いすることになります。

祭りの近くのお宅は窓を開けはなし、だれでも来い状態。

ふと目があうと、

2_4

「ちょっと寄っていけー」となり、

1_7
 

こうなります。

3_3

ご飯もごちそうになり、

4

最後は記念撮影。

みなさん、良い顔してらっしゃる。

Photo

こんなことが、トイレに行くたびに繰り返されます。

もちろん、たいてい、知らないお宅です。
年齢も性別も関係なく、
祭りでは、みんな家族、みんな友達、そんな能登人の心意気の表れなのです。

西海祭りは女性が昔からキリコの担ぎ手となる、全国でも珍しいお祭りです。

5

女性用の衣装は華麗で、祭りに花を添えます。

6

それでも、今年は担ぎ手が少なく、一地区からしか女性キリコがでませんでした。
失いたくない文化。
女性のみなさん。
ぜひ、西海祭りに参加してみてはいかがでしょうか。

おつる@能登スタイル

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


“西海祭りでヨバレ” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA