能登島でBBQをしました


こんにちは。能登スタイルストアスタッフのハシモトです。

春はあっという間に過ぎて、真夏のような日々が続いていた能登半島ですが、
先日梅雨入りし、雨続きな今日この頃です。

晴れの日が続いていた頃になりますが、能登スタイルメンバーで能登島BBQを開催しました!

その前に、能登島内の陶房、独歩炎(どっぽえん)さんで、陶芸体験をさせていただきました。
独歩炎さんの土は、信楽のものを使っているそうです。
土を練って、中の空気を押しつぶす菊練りという作業は、独歩炎の藤井さんがやっておいてくださいました。

次に電動ろくろです。ペダルの踏み方で回るスピードの調整ができます。
土を成形しているときは、集中力が必要ですね。ちょっと気が緩むと、あっという間にゆがんでしまいます。
精神統一、瞑想に良さそうです^^

Rimg0333_2

ひとり2つずつ、私は、小さめの平皿と片口を作ってみました。

こちらがメンバーの作品の数々。(成形のみですが・・)
一番手前のフリルのついているものは、最後に藤井さんがあっという間に作ったものです。
藤井さんが褒めて伸ばすタイプの教え上手な方だったので、結構上手にできたのでは?と
思っているのですが、いかがでしょうか?

Rimg0340

藤井さんが、希望の色の釉薬を付けて、焼いてくださるようで、今から出来上がりが楽しみです。
できましたら、またブログでお知らせしたいと思います。

さて、場所を変えまして、今度は「能登島家族旅行村Weランド」へ。

こちらはキャンプ場なのですが、この景色を見ながらのBBQです。
気分はすっかり夏休み気分!
(とは言っても、割と頻繁にこんな景色を見ているのですが・・)

Aarimg0342

能登スタイルで取り扱っている食材たちも、色々と持っていきましたよ。

こちらは能登スタイルでも、地味~に人気のいかとんび串。
お得なバラタイプのものもありますが、やはりBBQには串刺しが便利。
網焼きで焼くのもよし、鉄板で焼きながらバター醤油で、ビールが止まらない人も?!

コリコリがたまらない! 小木漁港のいかとんび串

Photo

いかとんびの下にちょこっと見えているコンロは、珪藻土コンロです。
私は、能登に来て初めて見聞きしたのですが、こちらではとてもよく目にします。
能登半島の先っちょにある珠洲では珪藻土がたくさん採れるのですが、断熱性が高く、炭の使用量も
少なくてすむのです。

もちろん経済面だけでなく、美味しさも抜群。
そういえば、能登スタイルのコアなファンの方は覚えていらっしゃるかもしれませんが、
1月に行われたニッポン全国鍋合戦で優勝した「能登豚塩麹鍋」の能登豚も、この珪藻土コンロで
焼いていました。炭火の香ばしさが、食欲をさらにUPさせます。

珪藻土貼り合せ炭火コンロ(金網付)2~4人用と大野製炭の「切炭」セット

洋風スタイルには、イタリアンレストラン、イル・ピアット・ハタダさんの「まんでとまと」ソースが大活躍。
前日に、経理さんがピザ生地を作っておいてくださったので(感謝!)、ピザとミネストローネを作ってみました。
ピザは、まんでとまとを薄く伸ばした後に、野菜とチーズをトッピング。
ミネストローネは、野菜とベーコン、にんにく、ローズマリー、胡椒を入れて、煮込むだけ。
とっても簡単でした!

BBQにビールはつきものですが、お酒が飲めない方には、すきっとちょっぴり塩のきいた
「しおサイダー」がおすすめです。
今では珠洲でしか作られていない、伝統的な揚げ浜式で作られているお塩を使っています。
砂浜に海水を撒いている映像などを見たことはないでしょうか?
そんな風にして、揚げ浜式のお塩は作られます。浜士(はまじ。かっこいいネーミング!)や浜とりさんたちが
汗水垂らして手間ひまかけて、作っています。
しおサイダーのラベル、太陽、波、人モチーフにしていますが、よく見ると「塩」の文字が・・

奥能登地サイダー しおサイダー(6本セット 化粧箱入)

Photo_3

Bbq22

上の写真ですが、左下のパスタは、イル・ピアット・ハタダさんの生パスタを使ったものです。
今回は、こんかいわしをアンチョビに見たてて、こんかいわしペペロンチーノにしてみました。
こんかいわしは、けっこうしょっぱいので、少量でOKです。

まんでとまとソースをかければ、お手軽簡単にトマトソースパスタができます。
そんなセットがこちらです。御中元などにもお薦めですよ。

まんでうまい、トマトソースセット まんでとまと&生パスタセット

能登のアンチョビ こんかいわし

シーフードピザもとってもおいしかったです!
まんでとまとソースをかけたら、その場でさばいた鰺と小さくちぎったこんかいわしを少々、
あとはチーズのみです。
皆待ちきれずに我先にと食べていたので、気づけば、焼き上がり後の写真がありませんでした・・

うぇぶちょうが家から持参したダッチオーブンも大活躍でした。
何しろ、野菜やお魚など(もちろん肉でも)、塩、胡椒、ハーブなどを入れて、
火にかけておけばいいのです。
あっという間に一品できあがりました。
シチューやパエリヤ、パンやローストチキンなど、色々作れるようなので、
レパートリーを増やしていきたいですね。

牛さんの固まり肉も、とってもジューシーに焼けました。
レアでトロトロでした。

2_3

梅雨があけたら、気の置けないお仲間やお友達、職場での親睦に、
BBQやってみてくださいね。

わたしたちは、能登の食材を使った能登スタイルでしたが、
皆さんは何スタイルになるのでしょうか・・^^?

■ 陶房 独歩炎

ご夫婦でそれぞれ違った味の焼き物を作っておられます。
オンラインショップもあります。
陶芸の体験希望の方は、Weランドさんでどうぞ。

■ 能登島家族村Weランド

サンライズとサンセットの見えるキャンプ場です。
独歩炎さんによる陶芸体験については、こちらをご覧ください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA