ICOUに行こう


こんにちは。能登スタイルスタッフ、ハシモトです。
2ヶ月ほど前、会社の近くにオープンしたカフェ処「ICOU」。
行きたい行きたいと思っていましたが、先日ようやくランチに行ってきました!

カフェ処と書きましたが、実はこちら、もともとは鹿渡酒造さんという造り酒屋で
あったところを改装して作られたお店なのです。
改装は店主やご家族の方々でがんばられたそうです。

Icou

なんとも風流な佇まいですよね。早速入ってみます。

Icou_2
  (チャーリー・ブラウンもにっこり)

まず入ると高い天井が。開放感あふれる空間です。

この日のランチは、3日間限定の特別メニュー。

川端鮮魚さんとのコラボ、「じゃり子丼定食」です。
(現在はお店の通常のランチです)

Icou_3

Icou_4
   
じゃり子とは、私も能登に来て初めて聞きましたが、この日お店に入っていた
川端鮮魚の海富理さんによると、産卵直前の鱈の卵巣のことなんだそうです。
直前なので1ヶ月間ほどしか味わえないのです。

このじゃり子を、醤油や昆布、砂糖で煮て、温かいご飯にたっぷりかけた贅沢どんぶり。
他にも鱈と牛蒡がたっぷり入ったお味噌汁や、お惣菜、デザートも付いていました。
デザートはほどよい固さの白玉に大豆で作ったソースをかけたやさしいお味。

お料理だけではなく、九谷焼やシンプルながらもお洒落な食器からも
目を楽しませていただきました。

まさに、お店の名前の通り、「憩う」ために「行こう」と思えるような空間でした。

Icou_5

 (こんな販売スペースや、大正ロマン感じる個室もあります)

ICOU
【営業時間】
  ランチ      11:30-14:00 (売り切れ次第終了)  
  カフェ       14:00-17:00  
  お酒とお食事 17:00-22:00
【定休日】
  今のところ水曜日
【電話】
  0767-57-5797
【住所】
  石川県七尾市木町1-1 (http://goo.gl/maps/LvDbI
※ じゃり子丼は残念ながらないのですが、川端鮮魚さんのおいしい「鱈の子付け」はコチラ

————————————————————————————————

実は、ここICOUで、3月1日金曜日に「まちづくりdrinks.NANAO」というイベントとして、
能登半島の珠洲(すず)が舞台のドキュメンタリー映画「ひとにぎりの塩」の上映会が開催されます。

フェイスブックページ:    http://www.facebook.com/events/295109877282451/ 
「ひとにぎりの塩」HP:  http://hitonigiri-movie.com/

海水を汲み上げては天日と風で乾燥させて、平釜で焚き上げるという非常に手間のかかる
「揚げ浜式」での塩づくりのお話です。石井監督もいらっしゃいます。
お近くの方はぜひいらして下さいね。
(お店ではなく、上記のフェイスブックから予約をお願いいたします。)

【本日の能登弁】

「あら、気の毒な~」 ⇒ 「あら、申し訳ない。ありがとう~」

こちらの人に聞くと、「ありがとう」だけでは言い表せないそうです。
何か頂いたときなどに、この言葉が出るようです。
能登びとに何かをプレゼントして「気の毒な~」と言われても、びっくりしないでくださいね。

それでは。

ハシモト@能登スタイル

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA