野草でお茶


能登はいよいよ梅雨入りしたようで、ちょっとじめじめ感が出てきました。

日本には24の季節があって、今年は6月4日までの季節を小満といいます。

「いのちが次第に満ち満ちていくうころのこと。草木も花々もとりも虫も獣も人も、日を浴びて輝く季節」
とあります。

というわけで、先日、生き生きとしだした野草をお茶にしよう!というアートNPOヒミングさんのワークショップに参加してきました。

場所は、富山県の氷見市。富山って遠いんじゃ・・・と思っているのもつかの間、氷見市は能登の隣の市で、中能登からだと約30?40分ほどで着いてしまいました。近い!

梅谷の里という、美しい里山です。

先生の野草の解説をもとに、山散策&野草摘み。

Dsc_8168

Dsc_8184

この日は、クマザサと、カキドオシという野草を摘みました。

カキドオシという名前は、垣根も超えてしまうほど伸びることが由来だとか。


Dsc_8185

カキドオシは、茎が長く、葉っぱは小さくて丸くぎざぎざしているのが特徴。

ちょっとハーブみたいなさわやかな香りがしました。血糖値を下げてくれるとか。

たくさん収穫したあとは水で洗って干します。

ホームセンターなどで売っている干物などを干すやつがベストだそうです。

これで1週間ほど乾燥させます。

このあと、あらかじめ1週間乾燥させた野草からお茶の入れ方をレクチャー。

色んな野草をブレンドしたお茶を、木漏れ日の中でみんなでいただきました。

とっても飲みやすくおいしかったです◎

その後、このワークショップで摘んで来たカキドオシを少しいただいて、おうちで干してみました。

Dsc_8272

1週間後

Dscf1424

ぱりっぱりになってお茶っぽさが出てきました。

あんなにたくさんあったのに見事に縮んでいます。

これをフライパンで香ばしく煎って粉状に。

Dscf1431

Dscf1435

古川商店さんの冷やしクリームパン(大納言小豆クリーム)とともに。優雅なティータイムです。

おいしくて体に良くて、何より身のまわりのものでできる楽しい野草茶作りでした!

ヒミングさん、ありがとうございました(*^^*)

フジイ@能登スタイル

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA