キリシマツツジと押し花


こんにちは。
みなさん、金環日食は観察できましたか?
わたしは歩きながら、だんだんと暗くなるのに酔ってしまい、ふらふらっとしまいました。
でも、最大の欠けの時は、鳥や虫の声が高まって、感動しました。
木漏れ日も、三日月形。
Img_6584
さて、週末、穴水四村の、上中に行ってきました。
ここもキリシマツツジの見所のひとつです。
けれども、そろそろ散り始め。
Img_6478_4
きれいな花びらのまま散ってしまっているものも。
Img_6485_2
なんだかもったいない・・・
そんなことを思いながら「オープンガーデン」の看板を見つけ、中橋家の庭に足を踏み入れます。
Img_6482
こんにちはー花びらひろわせてください、と声をかけると
おかあさんが、がらがら、と扉を開けて、軒先から声をかけてくれます。
「裏にあるのは、今が見ごろかも知れんわよ」
ということで、裏庭へ案内してもらうことに。
Img_6490
ありました。
少し日陰た場所で今まさに満開のキリシマツツジ。
ご先祖の眠るお墓を包むように華麗に咲いています。
Img_6493_3
この2本は、ご先祖が生前に植えられ、10年くらいのうちにここまで大きくなったとのこと。
土壌が合っていたのだろうとおっしゃっていました。
そのまま庭を案内してもらいます。
中橋さんのお宅はキリシマツツジはもちろんのこと、そのほかたくさんの苗を育てて販売してらっしゃいます。
庭ではさまざまな植物が、いきいき豊かに生きていました。
Img_6507
Img_6492
Img_6496
ササユリ(2まいめの写真)と天満サクラ(3まいめの写真)は6月くらいが見ごろだということ。
またそのくらいにお伺いしますと約束。
「お茶飲むやろ」の言葉に甘え
そのままお宅にお邪魔してお茶までいただいてしまいました。
Img_6504
Img_6502
いろいろお話をしながら、ササユリの種まで、プレゼントしてくれるおかあさん。
球根じゃなく、種から、ということにも驚くことながら
芽が出るのに3年はかかるということにさらにびっくり。
ゆっくりと、大切に育てます。
すっかり長居し、本当にありがとうございました、と言って帰ろうとする私に、さらに、ツツジの苗まで!
遠くから来てるんだから、宣伝してね、とにこっと笑います。
Img_6508
見ず知らずの私を躊躇なくもてなしてくれる優しい心に、洗われる気持ちでいっぱいです。
よし、せっかくいただいた苗と拾わせてもらった花びらがあるのだもの
ということで、家に戻りさっそくキリシマツツジで、押し花キャンドルを作ってみました。
押し花は重石を乗せて数日・・・といいたいところなのですが、今回は電子レンジを使った方法で。
■用意するもの
Img_6532
・段ボール
・クッキングペーパー
・花びら
・ピンセット
・のり(押し花用が良いですが、木工用ボンドなどでも)
1.段ボールを適当な大きさに切って、その上にクッキングペーパーを敷きます。
2.使いたいかたちを想像しながら
花びらを一枚一枚に分けたり、そのままだったり、重ならないようにピンセットでならべます。
Img_6539
3.段ボールではさみ、重石となる食器などをのせて、電子レンジで1分ほど。
Img_6543
4.押し花のできあがり。
Img_6548_2
あとは自由にキャンドルに貼り付けます。
ティーキャンドルを鍋で溶かしてコーティングすれば、完成です。
Img_6560
溶かしたキャンドルに混ぜ込んで、こんな感じ。
Img_6561_2
なかなか手軽に、かわいく仕上がりました。
押し花は手紙にしてもいいですね。
限られた間しか鑑賞できないものからこそ、手間をかけて丁寧に
もう少しだけ長く楽しむ、というのもなかなか良いものです。
おつる@金沢出張所

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA