世界農業遺産その2


道路を走っていると、お気に入りの風景があります。
能登有料道路だと、横田のあたり、高架橋のところからの眺め。
ぱっと見通しがよくなって、田んぼをしたがえた立派な農家の建築群が見えてきます。

そんなお気に入りの場所のひとつがここです。

Img_0323_2

Img_0324_2

5~6月の風景は一番好きかも。
水田に映る山や雲。
新芽や常緑が入り混じったいろんな緑色。
ささやかに伸びだしてきた雑草。
土手に咲いている黄色やピンクの小さな花。

雨をいっぱい吸い込んで、これから大きくなるぞ!と力をためている苗。

能登で感じるには、家周りや田んぼまわりが、他の地域と比べると
こぎれいに手入れされていること。
働きモノだから?きれい好きなのか?

前庭の植木もきちんと刈り込んであるし、道端の空いたわずかの場所や
畑の一角に花が植えてあったり。

いつも手入れしているというきちんと感と、おおらかさが調和していて
とても気持ちいいのです。

見渡す限り田んぼっていう平野は効率がいいかもしれないけど、
山があって木があって家があって田んぼがあって・・・
人の気配を感じるお気に入りポイントの一つです。

ここは能登町の旧柳田村

kiina@能登スタイル金沢出張所

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


“世界農業遺産その2” への 2 件のフィードバック

  1. はじめまして。勝手に書き込みさせていただきます。
    この4月のはじめまで金沢に居りました。
    私もあそこの風景が好きでした。田んぼと家と山の織りなす景観!
    いつも通るたびに「能登に来た~!」と感じさせてくれました。
    同好の志がいるとは思いませんでした。
    切り妻屋根っていうんですか、立派でかつ風情のある農家建築。
    そのうち写真を撮りに行こうと思っていたら、転勤してしまいました。
    残念。

  2. nakさん、能登スタイルご覧頂いてありがとうございます。
    同じ目線の方がいるのかと、うれしくなりました。
    これぞ日本の正しい農村という感じがして、いつまでも残したい風景ですよね。
    転勤しちゃって残念ですが、落ち着いたらゆっくり能登に遊びに来てください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA