親子三代で営む旅館「花ごよみ」


近代的な旅館が建ち並ぶ和倉温泉街に、
親子三代で経営されている小さな温泉旅館「花ごよみ」さんがあります。

P1010736

和倉店に出勤する途中、「花ごよみ」さんの前を通ると、ご出発のお客様をお見送りされる女将さんをよく見かけます。
玄関先で手をふってお見送りする女将の姿はまるで家族を見送る母のようにやさしく。
ご出発のお客様は「また来るね~」と、元気良く手をふって出発。[E:happy01]

「花ごよみ」さんのお客さまへのおもてなしや優しさが伝わってきますね。

P1010578

いつも通るたびに気になっていた石壺・・・女将さんにお尋ねしてみました[E:paper]

和倉温泉はどこの旅館も源泉からパイプを通して旅館までお湯をひいているため、100%かけ流しの湯なのです。
寒い冬の季節は、冷えたパイプを通って旅館に届くころには、源泉約80度の湯が丁度いい湯加減になるそうです。
気温が高い夏季は、かけ流しの湯は熱くて浸かれないため、源泉をいったん外へ流すことで湯加減を調整していたそうです。

でも、貴重なお湯を外へ流してしまうのはもったいない・・・
湯量が豊富に湧き出る和倉の貴重な温泉を活用できないかと考え、夏季のみ、こちらの石壺で温泉たまごを作ることをはじめたそうです。

冬季は、たっぷりお湯をフル活用しているため石壺での温泉たまご作りはお休みです。
自然からの恵み「和倉の湯」を無駄にしない知恵とやさしさが伝わります。

P1010586_2

玄関を入ると、思わず手に取ってみたくなる可愛い民芸品たちがお出迎え。
可愛い民芸品たちは大女将の手作りだそうですよ。
お土産としても人気[E:heart04]

和倉温泉は近代的な和風旅館が多く、「花ごよみ」さんは独自の個性、
家族ぐるみ経営の良さでお客さまと親しみ合い、
コミュニケーションを大切にアットホームな雰囲気で寛げるサービスを心がけていらっしゃいます。

お料理には特にこだわりを持ち、出来る限りのサービスで新鮮な海の幸、山の幸を提供しているそうです。

家庭的な雰囲気を味わうなら、和風旅館「花ごよみ」さんですね。

<お店情報>
〒926-0175 石川県七尾市和倉温泉
TEL:0767-62-2083/FAX:0767-62-4238
花ごよみ
http://www.panasys.net/hanagoyomi

和倉店kozurin

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


“親子三代で営む旅館「花ごよみ」” への 5 件のフィードバック

  1. 旧「北村旅館」
    今は、「花ごよみ」 懐かしいなあ・・・・
    昔(といっても10数年前)よく行きましたよ。
    とっても美味しい「きんちゃん」のお料理。
    女将さんの屈託の無い笑顔とお話。
    そして、アットホームなお宿「花ごよみ」
    また行きたいなあ・・・「花ごよみ」
    食べてみたいなあ・・・きんちゃんのお料理
    歌ってみたいなあ・・・カラオケ
    和倉温泉で一番のあっとほーむ旅館の「花ごよみ」
    まごころがこもったお料理を食べる事が出来る「花ごよみ」
    カラオケが思いっきり歌える「花ごよみ」
    また行ってみたいなあ・・・・    「花ごよみ」のファンより

  2. コスモくんへ
    コスモくん、いつもコメントをありがとうございます。
    「花ごよみ」の名前は、ご主人と知人のお坊さんで考えられたお名前だそうですよ。
    皆さんに、親しみやすい響きとイメージをコンセプトに決められたとか・・・
    コスモくんは、美味しい「きんちゃんのお料理」にお酒の量も増え、カラオケではモリモリに盛り上がっての
    愉しい夜を過ごされた思い出があるんですね[E:happy01]
    お客さまを大切に想う心が伝わってくるあったかいお宿ですよね。
    また、ぜひ和倉へお越しの際には懐かしい「花ごよみ」さんへ!

  3. 実は私も昔(同じく10数年前)家族で泊まったことがあるんですね~
    他の旅館は思い出せないこともあるけど、ここだけは鮮明に覚えています。
    人から紹介されたんです。
    「料理おいしいよ。家族でいくならここ。」と
    その後、改装したのかな・・・
    前を通る度、思い出します。
    その時元気だった父も、今は入院中。
    もう温泉旅館は行けないかもしれないけど、もう一度家族で泊まりたい旅館です。

  4. Kiinaさんへ
    コメントありがとうございます。
    みなさん、10数年前の思い出を懐かしみながらお読み下さったんですね。
    Kiinaさんが召しあがった美味しいお料理も、きんちゃんのお料理だったんでしょうね。
    旅館のご主人が自信をもって「旅館は他より小さいけど料理は、どこにも負けない自信があるんだ」と、
    お話下さいました。
    私も家族で泊まってみたくなりましたぁ~[E:bottle]

  5. Kiinaさんも「花ごよみ」にご宿泊した事があるとの事・・・・
    よかったですよね。
    「K」のような巨大戦艦もいいですが、駆逐艦のような小回りが
    きく「花ごよみ」もいいですよ。
    料理人の顔が見えるお料理。
    まごころが伝わる女将さんの笑顔。
    そして、ゆっくり入る事が出来るお風呂。
    あれもこれも、いいですね。
    以前、七尾に勤務していたときによく行きましたよ。
    いまは、金沢勤務になったので、とんとご無沙汰です。
    子供も大きくなったから、今度は、妻と二人で行ってみたいな
    「花ごよみ」・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA