里山里海・・・知恵の伝承


20100604181021_2

今朝の北國新聞の朝刊記事に出ていた
「里山里海の伝統的知識・知恵の伝承」

この編集と補完取材、撮影に関わらせていただきました。
いろいろな方がチームとして関わり、エネルギーを注ぎ込んだ冊子です。

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が今年名古屋で開催されます。
そして、12月の石川県でのクロージングイベント等でこの冊子が配布されます。

気候変動緩和や生物多様性を考える時、
その解決方法の一つとして「里山里海」(Satoyama/Satoumi)に
ヒントがあるのではないかと言われています。

里山里海は農林漁業の場です。
そして、人間が自然に関わることで、多くの恵みをもたらしてくれるとともに、
文化・伝統・コミュニティを培ってきた空間。

能登には持続可能な社会づくりのヒントがあります。

でも、それを解釈してどうするのかは私たちの役目。
この冊子も、作っただけではなく、それをどう活かしていくのかが大事です。
まずは、日常の暮らしの中で、炭や塩を使っていくこと、
そして、その意味を考えていくことが一人ひとりにできることかなと・・

そのような意味でも、能登スタイルをご覧の方に冊子をお届けしたいと思います。
20部ほどこちらに予備がありますので、ご希望の方はメールでお知らせください。

<連絡先>
info@notostyle.jp

タイトル:知恵の伝承冊子
メール本文に、お届け先の住所、お名前を明記してください。

※なくなり次第、終了いたします。

※好評につき、終了いたしました。

kiina@能登スタイル金沢出張所

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA