しそジュース、ゆかりの作り方


インターン生のおおちです。

 

西日本の豪雨により、被害を受けられました皆様

心からお見舞い申し上げます。

これ以上被害が広がらないことを願うばかりです。

 

======================

 

ついに北陸でも梅雨明けしました。

昨年より24日も早い梅雨明けのようです。

 

梅雨の時期に行う季節の手仕事として、

梅仕事についてご紹介してきました。

 ◼梅仕事、下準備編

 ◼梅酒、梅シロップの作り方

 ◼梅ジャム、梅みそドレッシングの作り方

 

今日も、この時期(6月から8月)に行う手仕事として

”しそジュース”と”しそのふりかけ(ゆかり)”の作り方をご紹介します。

 

まずは、しそジュースの作り方

◼準備するもの

・赤しその葉:300グラム

・水:2リットル

・砂糖:500グラム〜1キログラム (お好みの砂糖、お好みの量でOKです) 

 ⇨お好みの砂糖で良いですが、氷砂糖がお薦めです。

  すっきり、さっぱりとした味になります。

  保存期間を長く保つために、砂糖を多めに入れた方が、カビが生えないです。

・クエン酸:25グラム(もしくは穀物酢)

・保存瓶

 ⇨瓶の消毒方法

 

◼レシピ

 ①シソを水洗いする。

 

 ②沸騰したお湯に、シソを入れ、中火で15分煮る。

 

 ③火を止めて、ザルを使ってシソを取り出し、シソをこす。

  ⇨こしたシソは、ふりかけにします!

 

 ④③に砂糖とクエン酸を入れ、弱火で5分煮る。

 

 ⑤粗熱をとったら、消毒した保存瓶に入れます。

 

◼お召し上がり方

 ・水やソーダで割る。

  ⇨しそジュースはとっても甘いので、私はだいぶ薄めて飲みます。

  

 

 ・ヨーグルトやかき氷にかける。

 

 ・ゼリーにする。

 

しそのふりかけ

作り方はとっても簡単です。

 

<準備するもの>

・しそジュースで使ったしその葉 

・塩:50グラム

 

①しそに塩を加えて揉みます。

 

②しそを天日干しする。

 ⇨レンジでチンして、しその水分をとってもOK

  加熱時間の目安は5分です。

 

③乾燥したしそを、ミルで細かく砕きます!

以上で完成です。

 

しそジュースを作って、ゆかりも作れば、

しそを余すことなく使い切ることができます!☆

 

ちなみに、能登のおばあちゃんやおじいちゃんは、ゆかりのことを「しそのこ(粉)」というそうです!

 

ゆかりを作る際、私の想像よりも沢山の塩を使いますが、

いい塩加減のゆかりができます。

 

ゆかりご飯、とても美味しくてハマっています!

 

しそジュースは、美味しい飲み方を模索中です。

個人的にはソーダ割りが好きです!

 

ぜひ試してみてください。

 

========================

能登スタイルストアHP : https://notostyle.shop-pro.jp/

能登スタイルFacebookページ:https://www.facebook.com/notostyle/

■能登スタイル新企画「四季の暮らし部」■

HP:https://notostyle.biz/seasonal_lifestyles

Facebook:https://www.facebook.com/Seasonal.Lifestyles/

Instagram:https://www.instagram.com/seasonal_lifestyles/

■「四季の暮らし部」キャンペーン開催中■

四季の暮らし部、スタートキャンペーンとして、インスタグラムにて皆さまからの「四季の手しごと」にまつわる写真&キャプションを募集しています。

詳しくは、下記の投稿から

https://www.instagram.com/p/BkM5mcsDI9y/?taken-by=seasonal_lifestyles

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA