お熊甲祭りに行ってきました


こんにちは!インターン生の山岸です。

昨日9月20日に、七尾市中島地区の「お熊甲祭り」に行ってきました。

このお祭りは、久麻加夫都阿良加志比古神社の大祭で、毎年9月20日に行われることから、二十日祭りとも呼ばれています。

神社の名前、「くまかぶとあらかしひこじんじゃ」と読むのだそうですが、その長さに驚きました。

着くと、ちょうど各末社の祭り行列が神社の境内に参入していくところを見ることができました。
町内の各集落に鎮座する19の末社からくり出した神輿が、猿田彦の先導で高さ20メートルばかりの真紅の大枠端等を従えて、鉦や太鼓の音とともに本社に参入してきます。

今回のお祭りは、能登スタイルでいつもお世話になっている中島アグリサービス(「能登の心米」や「中島菜粉末」など)の松田さんにお招きいただいたので、昼食も松田さんご家族とご一緒させていただき、このお祭りについてのお話も詳しくお聞きしました。
家族のようにあたたかく、素敵な時間を過ごさせていただきました。
このようにお昼ご飯を食べている方々は他にも多くみられ、
みなさんとても楽しそうにしていました。

お昼からは、お旅所に向かう神輿が見られました。
本社の神輿を先頭に、くじで決まった順番通りに約700メートル離れた
加茂原に移動していきます。
出発前には、ひとつひとつの神輿と大枠旗が境内中を目一杯に
駆け回っていました。

悪天候で途中で帰ってきてしまったので、このお祭りの見せ場の一つである
島田くずし(巨大な枠旗を担ぎながら傾けて、大旗を地面すれすれまで
下げる大技)を見ることやお旅所まで行くことはできませんでした。
また行ける機会があればぜひ見に行きたいです!!

今回このお祭りを見ていて、平日にもかかわらず大人から子供まで、
沢山の人が集まっていることがとても凄いことだなと思いました。

地域の大人が仕事を休んで集まり、全力でお祭りを楽しんでいて
見ているこちらまでパワーが伝わってくるような、良いエネルギーに満ちた
感じがしました。
こんな大人の姿を見て、次の世代にどんどん繋がっていくのだろうなと思いました。

今回このインターン中に見ることができた唯一の能登のお祭りでしたが、
また能登に来てお祭りに参加してみたいです。

気が付けば明日で半年間のインターンも最後となり
ちょっと寂しい気持ちになってきているインターン生山岸でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA