石崎奉燈祭2014


こんにちは。能登スタイルスタッフのフジイです。

今日の能登は朝からムシムシした暑さです。

土曜に開催された七尾市にある漁師町で開催される、石崎奉燈祭りを見てきました。

これは堂前広場といって、神輿が鎮座してて、この周りを奉燈(キリコ)をまわります。

Dsc03153

「サッカサイ、サカサッサイ!」の掛け声とお囃子とともに、いよいよ奉燈が堂前広場に入ってきました。

担ぎ手が見えない程の見物客であふれかえっています。

Dsc03162

ここの奉燈は12m-15mもあり、かなり巨大です!まるで建物が動いているよう。

重さも約2トンで、100人で担いでいるそうです。全部で7基あります。

奉燈に書かれた文字は、豊漁を願ったおめでたい文字が書かれます。

ちなみに、祭りのときの石崎の町は提灯が掲げられとても幻想的です。

石崎地区ではこのように横に広い家が多く、家々が開け放され、それぞれの家の中には仏壇や花嫁のれんもかけられ、ヨバレの宴が開かれていました。

家の縁側が奉燈を見る一等席です!

Dsc03150

あたらしく建てられたようなおうちも、縁側がしっかりとあり、

祭りのために建てられたように見えました。

Dsc03172

町中にも奉燈がやってきました!

広場は人でごったがえすので、町中で見るのがおすすめです。

Dsc03176

漁師町らしく、ダイナミックで勢いのあるお祭りでした!

フジイ@能登スタイル

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA