雪中かきまつり


この週末は大寒波。

そんな中、能登の冬といえばカキ!ということで、
穴水町で開催された雪中かきまつりに行ってきました!

 

_dsc5332

雪が降り(というか吹雪)で、文字通り雪中。

_dsc5396

入口付近で、殻付きカキ1袋千円で販売。

_dsc5398

テーブルには、ナイフと箸と軍手。

_dsc5334

そう、このカキまつりは、珪藻土コンロでカキや魚介などを自分で焼いて食べれるんです!

_dsc5383

外は吹雪にも関わらず、子供から高齢の方まで、すごい人。
人口密度と炭火で少しあたたかいです。

_dsc5363

早速買った殻つきカキを焼いてみました。

「あれ?どっち上にして焼くん?」と私たちがもたもたしていると、
近くにいたおじちゃんやおばちゃんが見かねて、

「こっち上やぞ。もっと火の近くで焼かんなんよ」と教えてくれました笑

_dsc5350

小ぶりだけど、ぷりぷりで味が濃厚!

_dsc5378_2

周りの屋台で売っていたカキフライ、かきめし、
カキのめった汁(豚汁のことを「めった汁」といいます。)も買ってがっつり食しました。

しあわせ!

ふと横をみると、能登のゆるキャラ「のとりあーな」がいました。
片方はだし・・・?

_dsc5389

今年はカキが不作だときいていましたが、イベントで食べられてよかったです!

_dsc5405

フジイ@能登スタイル

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA